望む全てがwebで事足りるようになる

もしも明日、何もすることがなかったら。
もしも明日、悲しくて立ち上がることができなかったら。
もしも明日、誰にも会いたくなかったら。
もしも明日、何もかもがつまらなく感じたら。
そんな明日が来たとしても、ブラウザがあれば、心は安らぐ。
ニュースをチェックし、くだらない話題に乗り、流行の曲を聴きながら、日記を書いたり、日記を読んだり、調べ物をしたり、買い物をしたり、店を探したり、電話をしたり、昔のテレビを見たり、その全てに悪態をついたり。
webに出来ないのは「食」だけだ。
音楽を聴くことも、ニュースを知ることも、電話をかけることも、以前はそれ専用のハードが必要だった。全てが今マッシュアップして、新しい形に移ろうとしている。
そういう世界を、作れるチカラさえ、望めば手に入る。そういう世界だ。
お金が要らない世界。望みがかなう世界。一人になることも、誰かと群れることもかなう世界。
よくわかんないけど、そういう世界の一部に、自分がいま、なっている。っていう感覚って、普通はないのかな。
この世界において、自分が欲するものは、自分で作ればいい。まるでマトリックスの世界だ。わくわくしてこないのかな。そういうことを考えることって、面白くない暗い人間なのかな。
ただの妄想癖なのかな。

この記事には、カテゴリ web タグは がつけられています。