「Enter」ボタンが怖いよ

毎日使ってるPCのモニタが15インチなり17インチなら、広告系のサイトを開いて「Enter」って矢印とかボタンが出てても余裕で押せます。
どうせ全画面でコンテンツが出るんだろ、なんつって。
ミュージシャン系では最近減りつつあるけど、化粧品や携帯のプロモーションサイトではフルスクリーンがまだまだいっぱい。ていうか増えつつあるくらい。
で、僕は「Enter」ボタンが嫌い。
いきなりフルスクリーンで画面を開かれたら、24インチの画面にしょうもないコンテンツがどべーん!って出るし、タブをクリックして閉じるとかできないし、っていうか操作をブラウザのそれから完全にコンテンツ側に占領されることが怖い。
つまり、「俺のサイトのEnterを押すからには覚悟が出来てんだろうなぁぁぁぁ?」って脅されてるみたいで怖いのだ。覚悟が出来てる、ってことは、やるかやられるかの世界だ。相手を倒す覚悟は、自分が倒される覚悟と同義だ。
しかもwebでは、相手を倒すことはありえない。ということは、やられる可能性が非常に高いということ。嫌だ、こんなサイト閉じたい、って思ってもブラウザの「×」ボタンがすっごい画面端にあって、いつもそこにはiTunesのちっちゃいウィンドウが出てたり、CPU使用量が出てたりするから、あーそうか、私のデスクトップまで占領してコンテンツを流すな! って言いたいんだね。
だから、そこまでしてフルスクリーンでサイトを映すことはやりたくない。そういうのが怖い。
でもかっこいい広告系サイトは見たい。
そりゃ大きく見せたいだろうけれど、このへんのバランスをちょうどいい距離で取れるサイトって、あんまり思い浮かばないなぁ。でもそれは、ストレスなく見れるから特に意識させてないというスーパー素晴しいインターフェイスであるってことなんだろうね。

この記事には、カテゴリ web タグは , がつけられています。