究極のアフィリエイトの実態が分かった

働かず、ブログも書かず、アフィリエイトも貼らずして10,000円稼ぐ方法! なんつって、究極のアフィリエイト(と勝手に読んでる)をうたうブログが大挙してる昨今ですが、ようやっとその仕組みが理解できました。
どうせケチなアフィリエイトやるんだろ? 報酬っつったって300円や500円が違うスポンサーから入ってきても、5000円分たまらないと換金できねぇじゃん、アホか。と思ってたんですが、全然違いました。
やってることはそのケチなアフィリエイトそのものなんですが、アフィリエイトでモノを売ろうっていう発想じゃない。その真逆! ヒトモノカネっていうけど、モノを売らず、ヒトを売ることでアフィリエイトを成立させる方法だったんですね。


やりかたは以下のとおり。
A1.登録紹介制でポイントないし報酬が発生するアフィリエイトを片っ端から登録する
A2.それをブログで片っ端から紹介する
A3.そのブログと全く同じ記事を他のブログに書く
A4.記事の最後に「これと同じ方法を取ればあっというまに10,000円」と書く
ここで重要なのは、2番。ブログで紹介するとき、「私と同じやりかたをすれば10,000円が労せず手に入るよ」とさりげなーく書いておくことです。こんなマルチなアフィリエイトブログにひっかかるのは馬鹿ばっかりだと思うんですが、それってつまりネット初心者がなんとなく手を出した、ってことです。
実際、その初心者さんがブログをたまたま見ると、2番の状態を目にするわけです。そして、この方法をそのまま真似しようとする。
初心者さんがこれを真似てブログを作るときに通る順番は以下の通り。
B1.アフィリエイト長者のブログを読む
B2.無料ブログ(fc2とか)を登録して自分のアフィリエイト用舞台を用意する
B3.紹介用アフィリエイトに登録し、そのバナーを自分のブログに貼る
B4.ブログ完成
B5.このブログと全く同じ記事のブログを複数作る
B6..記事の最後に「これと同じ方法を取ればあっというまに10,000円」と書く
はい。最初にこの究極のアフィリエイトを始めた人とは、通過する順番が変わっています。
AとBは同じことをしているはずなのに、決定的に違うところが1点。手順A1が手順B3になっているという所です。
手順B3で、初心者さんはそのアフィリエイトブログに貼ってあるアフィリエイト紹介のリンクをクリックして登録してしまいます。初心者さんにすれば、本来は一番面倒な「紹介用アフィリエイトプロバイダを探す」という手間が省けた、これで俺もネット長者や。はは。よろしおすな。ってなもんで嬉々として登録することでしょう。
しかし、初心者さんが登録した時点で、その紹介報酬は究極のアフィリエイト発案者Aさんにも支払われている、という点が見事に隠されてしまっています。
つまり、AさんはBさん用の舞台を用意しただけですが、これこそが究極のアフィリエイトだったのです。
「人の真似をするのは簡単」だけど、全てを真似しても本物はさらにその上を行っているという内容…
自分でアフィリエイトなんてしなくても、モノなんて売らなくても、他の人に親切に教えてあげれば、それでアフィリエイト完成、というわけです。
なんて恐ろしいことを知ってしまったんだ!!