SWFObjectを使うときに気をつけること

SWFObjectを使って書き出すのは基本なんですが、気をつけるべきことをいくつか。

まず、これが基本形。

var so = new SWFObject(swf/test.swf", "testID", "width", "height", "8", "#ffffff");
so.addParam("wmode", "transparent");
so.addParam("menu", "false");
//  document.write(so.getSWFHTML());
so.write("flashcontent1");
//追記:getSWFHTML使うとwinIEのアクティブコントロールにひっかかる

気をつけておきたいのがnoscript。しっかりnoscriptも書きましょう。