ブログパーツだけ使えるようにすりゃあいいだろ、と思われてる気がする



上のはsony Cyber-shot DSC-T2のキャンペーンサイトのブログパーツで、下のがUNIQLOCK
UNIQLOCKは名前もコンセプトも表現も、めっちゃクリエイティブだと思うんですけど、サイバーショットのはなんぞこれ、と思ってしまいました。
ブログパーツだけ貼れるようにすりゃ最近はウケるんだろ? じゃあ適当にカラーリングだけ使って、そうだな、時計とかなら無難だろ、みたいな感じで決められたような感があります。(と僕は思った、という話です)
ブログパーツは、そのキャンペーンサイトなり何なりの集約でなければならない、と思っているわけです。だから、クリエイティブに特化するのが本来のあり方だと思います。
面白みのないブログパーツをいくら並べたところで面白くない。そう思われた日には、ブランドイメージにダメージを与えてしまうと思うのです。
流行ってるから、といって安易にブログパーツを公開してしまうのは、キャンペーンサイトとしてはマイナスだと思いました。
今回のエントリは思ったとか思いましたばっかりになってしまいました。
一方その頃、「はい、ソニー」でスマイルシャッターがカシャリと落ちるsony Cyber-shot T200では、読めば笑顔になる新聞というキャンペーンサイトを展開していました。おお、重いけどなんか楽しげだ。
sony
こっちでスライドショー写真に笑顔があると勝手に「はい、ソニー」をしてくれるブログパーツがあると、キャンペーン的にはいいんじゃないかな、と思いました。
でも、最近のweb的にやるなら、ブログパーツを貼ることでブラウザ上にカメラを出現させて、好きなページをカシャリ、はい、ソニー、で写真ダウンロード(あるいはサイトにアップロード)できる機能があって、その中に笑顔があるとスマイルマークが付く、ぐらいのことをやってくれないと驚かないかなぁ、とも思います。