勝手にコンテンツを流してほしいこともある

仕事で必要があって検索したり新しいサイトを見て回ることがあると、そのサイトにどんな技術があるのかな、jsかなFlashかな、URLの拡張子がhtmlじゃなくてphpだな、おっとjspなんて使ってんのか、aspってなんだっけ、なんて思いながら右クリックを試したり印刷プレビューを試したりとか、これでもかこれでもかと制作者側の視点で見てしまうんですが、どうも家に帰ってダラけた感じでネットを触るとそうではないことが多いです。
上に挙げてみたことをほとんどすべてどうでもよくなってしまうのです。コーヒーを吹くようなインパクトのあるサイトじゃない限りは、あーあーダリーな、よくあるよくある、なんつって流し読みです。どうせアレだろ、Flashで動画読み込んでxml管理しつつ高画質写真を全面に出してんだろ、でも画面下にナビゲーションがあってそれを押さなきゃ進まないんだろ、なんて知ったような顔で見ているのです。
そういうときはもうマウスを動かしたくないし、クリックするのも面倒になっています。だって下手なとこクリックして画面変わっても、Flashだったら戻るボタンに対応していないせいで戻れないストレスが怖いから。
キャンペーンコンテンツでありながら非インタラクティブでもいいんじゃないかなぁ、と最近は思うことがよくあります。
本のような感じで、まぁ映像なり何なりがだらーっと流れていくんですけど、そこには再生停止ボタンもなくて、シークバーなんてもっとなくて、ただひたすらにコンテンツが流れるだけ、というスタイル。ただ、「ここまで読んだ(見た)」という付箋を付けられればいいな、くらいのユルさ。
触ってみて気持ちいいUIを作れないなら、触ることを許さないUIを作った方がいいんじゃないかなぁ、と思うのです。
新しいUIの実験場としてもFlashは有用だけど、クリックして進んでいくのが「ネット」で映像を見続けるのが「テレビ」だとしたら、その真ん中のようなUIが、僕は欲しいです。という話です。
参考:http://www.dontclick.it/

http://special.goo.ne.jp/ntt-east/

この記事には、カテゴリ web タグは , がつけられています。