FLVPlayback(AS2)をカスタマイズしてシークバー周辺を便利に

コンポーネントのFLVPlaybackをそのまま使うと、シークバー自体をクリックしてシークするという機能がありません。つまみをドラッグしてシークするしかないので、不便です。しかも、現在再生しているのが全体のどの辺かを知るにはつまみの位置を見るしかなく、色で一瞬で判断できるわけでもありませんでした。

それをカバーしたのがこのサンプルです。シークバーを押すと、押された箇所の_xmouseを取得して、全体の位置とクリックされた位置の割合を計算して、その場所にシークする、という流れです。

//
//シークバーの幅を決定し、クリックシークを設定
SeekBar.onRelease = function() {
flvpb.seek(Math.floor(this._xmouse*(sbw/100)*flvpb.totalTime)/sbw);
};

久しぶりに意味があるエントリになったと思います。素材ひとまとめにしたのはこちら。(ver8 .fla形式 zipでどうぞ)

ちなみに。
上記のサンプルFLVはこちらからお借りしました。サンプルビデオをダウンロードできますよ。