サイトには「終わり」があっても、いやあったほうがいいんじゃないだろうか

サイトには明示的に「終わり」があってもいいんじゃないだろうか、という妄想。
例えばキャンペーンサイトでは、[HOME][CONCEPT][GALLARY][DOWNLOAD][SECRET]みたいなメニューが並んでいて、まぁそれを端から見ていくんですが、全体を見てもやっぱりホームに戻ってくるだけ、という場合が多い。多いというかそれが普通なんでしょうけど。
でも、バスキュールに見られるように、サイトには明示的にコンテンツの終わりがあってもいいんじゃないかなぁ。
どうせホームに戻してメニューをきらきらさせるだけなら、画面を全部なくして「END」とでも表示して、もう一度見たいときはこちら、なんつってボタンを用意するとか。
ムービー系のサイトならホームに戻る必要すらないわけだし。
サイト内でループしなきゃいけない、というのはウェブを難しくしてる原因のひとつで、「すべて始まりがあれば終わりがある」とかのMATRIXの時代から言われているわけだし、玄関から入っても玄関から出なきゃいけないことはないよね。
ここ最近考えてる「シーク」と「時間の可視化」と、今日の「サイトの終わり」は、ひとつのヒントになったような…気がします。漠然と。

この記事には、カテゴリ UI タグは がつけられています。