「暗い奴は暗く生きろ」を読みました

「4つの出来ないを考える」より
1.自分がいま何を成すべきか、気付いていない。いわゆる気付き。
2.気付いてはいるが、やる気がない。いわゆる意欲。
3.やる気も十分あるが、やり方がわからない。いわゆる課題解決。
4.気付きがあり、やる気もあり、方法もわかっている。なのに出来ない。そんな事あるのか。ある。周りがそうさせない。

など、なるほどー、そうだね、心がけたいよね、という(軽いけど重い)言葉が詰まっています。
僕はアホなのでこういうのはすぐ忘れてしまうけれど、少し時間がたった後、この言葉(たち)を思い出せたらいいな、と思います。

この記事には、カテゴリ book タグは がつけられています。