覚えるとAS3使い的にかっこいい関数

職場ではCS3を使えるので、参考書片手にいまさらAS3の勉強を始めています。
1年半前(Flash9 public alpha版)にちょっと触っといてよかった。addEventListener とかに拒否反応がおきなくてよかった(俺が)。

で、
参考書を見ていると、AS2時代は触ったこともなかった関数がたくさんあります。
新しい関数もあると思います。

配列の操作

some() , every()

配列の値を指定の関数でテストする

filter()

配列にフィルタをかけて新しい配列を作る

map()

配列の値を指定の関数で変換する

forEach()

配列の値を使って指定のメソッドを実行する

ベクトルとポイントの操作

add() , subtract()

点と点の加算がadd、減算がsubtract

distance() , equals()

点と点の距離はdistance、2点が等しいかどうかはequals

interpolate()

点と点の間にある点をみつける

normalize()

ベクトルの向きはそのままでベクトルの大きさに変更する

polar()

Point.polar(len,angle)は点までの長さlenと角度angleを指定して点のXY座標を求める(何言ってんのかわからん)

矩形領域Rectangle

union() , intersection()

矩形領域の加算、減算

inflate(),inflatePoint()

矩形領域の伸縮

containsPoint()

点と領域を比較

containsRect()

領域の中に別の領域が完全に入っているか調べる

intersects()

領域が別の領域と交差しているか調べる

test()

ストリングに正規表現パターンが含まれるか調べる

exec()

見つかったストリングを取り出す

この記事には、カテゴリ AS3 タグは , がつけられています。