4月の図書館さん


マツダはなぜ、よみがえったのか?

フォードグループに入ったマツダが再生する物語です。RX-8開発秘話がプロジェクトXみたいで熱かった。


図解でわかるマーケティングリサーチ

リサーチをスピード化するには、まず、仮説を素早く設定することが求められます。そのためには、意志決定者が置かれている状況を常に把握しておく必要があります。

最近、職場で「仮説」をまず立てるというやり方を知って焦っていたところです。


東京のどこに住むのが幸せか

不動産の資産価値を左右する要素は単純である。換金性が高いこと、収益性が高いこと。
東京というエリアにおける、資産価値のある物件の立地条件を整理すると、以下の7通りになる。
1)かつて武家屋敷だった街
2)もともとは農村だったエリアで、戦前から開発されていた街
3)最低でも80年前後以上の歴史がある街
4)地域コミュニティが温存され、都市文明に多様性と歴史的な厚みがある街
5)古代から自然災害の被害が起こりにくいエリアにある街
6)パワーエリートやアッパーミドルクラスにとって職住近接が成立している街
7)利便性だけでなく、教育環境、自然環境、医療環境など俊の基本インフラが総合的に整備されている街

多摩ニュータウンはなぜダメなのか、吉祥寺はなぜ人気の町なのか、など。でも結局、山手線の西側と南側は今後も安定して不動産価値があるから買いだよと書いてあります。
歴史がある街は栄えるという図式の中、中央線沿線はダークホース的存在だから値上がりするかも。なるほど。僕の住んでる立川は住みやすいですよ!(通勤1時間半かかるけど)


コトラーのマーケティング・コンセプト

気になったセンテンスを抜粋。

すべては変化する――この世で唯一変化しないのは、このことだけである。
優秀なコンサルタントを見つけるためには、「いま何時ですか?」と尋ねるのだ。
 1)「9:32ちょうどです」→厳密な事実ベースの調査が必要なときはこの人を選ぼう
 2)「何時だと言って欲しいんですか?」→助言よりも自分の考えを強化してほしいとき
 3)「なぜ、知りたいのですか?」→独創的な考え方が必要なとき
集中とニッチ――残された選択肢は「ゴリラ」か「ゲリラ」になるしかない。すなわち、ニッチャーになるか、ニッチャーに市場を奪われるか。
価格――ものごとの上辺しか見ない人間は、あらゆる物の価格は知っているが、何物の価値も知らない。

今月は読んだ本が少なかった。すいません。

この記事には、カテゴリ book タグは がつけられています。