Director11がリリースされるって

Adobe Director

Director11が出るそうです。

ver10(mx2004)は触ったことがあって、当時Flash7ではあんまり現実的じゃなかったムービーを全面に使ったインタラクティブコンテンツを作ろうとして、Lingoという意味不明な言語を前に3日でお手上げした記憶があるんですが(DirectorはJavascriptも完全対応してるらしいけど)その直後にFlash8が出て、MacromediaがAdobeになって、Directorの時代は終わった、と言われ続けていたのですが、ここで復活ということですかね。

で、ver11ではFlash9対応らしいんですが開発はやっぱりLingoかjsなので、Flasherには敷居が高いような気がします。っていうかDirectorはShockwaveコンテンツを作るというよりもメディア(CD/DVD)で使うコンテンツを作るのが主流(?)だと思っていて、まぁexeファイルで一発起動、というスマートさはあるものの、Flashのexe書き出しでも大丈夫なんじゃね? と思う部分も多々あるので、3Dとかゲーム作るとか、そういう開発者以外にはやっぱりとっつきにくいんだろうな、と思います。

最近でいうとオンラインゲームとかシリアスゲーム(アドバゲーム? 、教育、医療に効果あるゲーム)の開発向きなのかな。

この記事には、カテゴリ sonota タグは がつけられています。