2008/07/09月刊インタラ塾リポート

第一回月刊インタラ塾に行ってきました。
着いたのギリギリで立ち見でしたが、あとからぞろぞろと立ち見客が増えてました。

司会はpicklesのタナカミノルさん。最初に5minutes-presenとして、ゲストスピーカーが5分ずつプレゼンをするということで、「Flashゲーム3分クッキング」:デイリーポータルZのおぎわらさんがその場でFlashのシンボルを直接クッキングして(これが3分)、最後にパブリッシュするとあら不思議、空からきのこが落ちてきて今クックした洋食の上をするするとすべって(box2Dみたいな物理判定)マリオvsきのこ、というシュールでポップなゲームが完成しました。
そして温まった会場で、次はツムジテクノロジーの原さんのプレゼン。Gainerで作ったパワーグローブをはめて、指を動かすと画面内の指も動く、という面白体験の紹介でした。
次はメディアパルサーの茅原さんPROCREOはFlashやる人はみんなお世話になってるはずなので、知ってる人も多いはず。茅原さんの超絶技術はハンパない数の失敗のおかげ、という話でした。っていうかプレゼン資料が凄すぎて、Oh…とかUh…とか、見てる人がうなってました。
最後はundefinedのむらけんさん。美容師から転職したんだけどweb業界はとてもフレンドリーでびっくり、という内容。美容師は華やかな見た目とは裏腹に、とても敵対心が強いらしく、それもびっくりです。
まぁ業界っつっても超すみっこにいる僕みたいな虫けらからすると、怖がらないで前に出ようよ! ラップでFlashしようよ!(ジョイマン)みたいなこと言われても、恐れ多くてとても前に出れません。語れるものも実績もないので卑屈になってしまうのです。ブログもろくなこと書いてないし。

で、一人5分のはずが時間押しまくりで、この時点で19時40分をちょい過ぎてました。

メインゲストはメルセデスの大野真吾さん。制作会社TYO-ID所属らしいです。すげー
フマキラーのブログパーツ(ゲーム)を作った方らしいです。
さらにプレゼンも面白いわ話も面白いわクリエイティブが凄いわでハンパなかったです。一人でできるインタラクティブセッションが世界に発信される、というWORLD TOURとかCANONとか、最後はリアルタイムCANONとか、ジョブズのプレゼン並みの欧米っぷりを発揮して、大盛り上がりでした。
Flashっていいな、よりも、インタラクティブっていいな、すごいな、面白いな、と思いました。

見た目のインタラクションだけじゃなくて、時間軸のインタラクションがコミュニケーションになる、という新たな気付きを得ました。
なぜか頭の中でケツメイシの「We love music」が鳴ってました。

今日もこうして 音で 遊べる 踊れる
音の皆様 様々なことです
巧みに奏でた Beat Beat の上
乗りなさい 飛びなさい のびのびと