そろそろbridal2.0について一言言っておくか

via:
30days Album – trick7.com blog
APMT3とか結婚式とか。- .spfdesign.blog
Flashと結婚と – memo.kappa-lab.com
Thriller tonight, -Flasher as Dancer- – memo.kappa-lab.com
Wedding 2.0 – MD Blog
Flashアニメで“結婚報告” – IT media

Flashやる人が結婚式を盛り上げようと色々やっているようです。

↑のエントリや、いろいろ検索した結果をまとめると

  • 式で撮った写真をお色直しとかの間にガーっと集めて処理してその場でムービーとして再生
  • 写真をみんなで共有
  • 結婚する二人のホームページ
  • 新郎新婦の写真を集めてモバイルムービーとして再生

などなど、ネタが集まりました。

ITリテラシの差が出そう

SD(XD)カードを集めて写真を取り込むというのは、アリだと思います。でも、いくらQRを出していたとしても「このURLにアクセスしてね!」とか「続きはwebで!」というのは、ゲストとして参加してくれている親戚のおじさんおばさんには敷居が高いように思うのです。だとすると、ホームページはおろかケータイでのコンテンツも難しい。。と消極的になってしまいがち。
さらに、写真をスライドショーにして流す、というだけでも、意外と作り方は気をつけないといけないかも。Youtubeで結婚式ビデオを検索した結果を見るだけでも、スライドショーはいっぱいあります。しかも流行(?)か思い出かの曲をつけて、さらに字幕スーパーを入れてストーリー仕立てにしているものもあります。しかしここでポイント。
曲の歌詞を耳で追いながら字幕を読むと、何を言っているか分からない。逆に字幕が多いと写真に目がいかない。そもそも、写真を集めただけのスライドショーは誰のためのもの? ←新郎新婦のご両親? だとすれば、「いままでありがとうございましたビデオ」の方が涙を誘えるかもしれない。などとモンモンと考えていたのです。

でも、やってみたい

幸か不幸か僕もFlashやる人で、そして今年の秋に結婚式を控えています(ゲストじゃなくて新郎として)。ということは、Flashないしwebに理解ある新郎の100%の協力のもと、実験的なbridal2.0を試すチャーンスじゃないか、と勝手に考えています。
このままいくと僕がこそこそ作った、しょーもないスライドショーで終わりそう。ケータイからコメントを送ってもらってリアルタイムニコニコスライドショーとか、超寒いアニメーション(花嫁失踪伝説殺人事件みたいな)とか、それくらいになりそう。

素材が写真だからそうなっちゃんだけど、逆にそれは縛られてることになるので、頭を解放してみます。そうなると、ムービーはズバリ「24」のアフレコで「新郎くんおめでとう、ジャックバウアーだ」とか、「冬ソナ」のアフレコで「日本のおじさんおばさんアニョハセヨ、ペ・ヨンジュンでーす」とか、ちょwwwおまwwww な路線を狙っていけばどうかな。やっていいかな。

まだ「2.0」には早いのでは?

ジャストアイデアなんですが…、コンテンツを「あっち側」に置いて、データの使い方をごにょごにょするよりも、リアルと連動するカンタンなデバイス、程度から始めた方がいいかもしれません。たとえば「電話をかける」とか「ケータイカメラで撮る」とか「お手元のボタンを押す」とか。
僕が考えることはだいたい先にやられてるとは思います。< br />
うーん。なんか、考え出すと「リテラシが低い人」向けのことを真っ先に思い浮かべてしまいます。でもそれは逆に正解だと思っているところもあって、簡単なインタラクションでリアルとネット(≒画面の中のもの)が繋がっている、と一般の人が感じる場をどう上手く表現するか、ということかなと解釈しています。

ので、実験的なことをやりたいクリエイターさんがいたらお声をかけてください!

この記事には、カテゴリ bridal タグは , がつけられています。