2008.9/4(木)Launching “Progression 3″ in Apple Store, Ginza リポート

行ってきました。当日は15分ほど遅れて会場入り(インタラ塾でおなじみ:アップルストア銀座)したんですが、立ち見がいっぱいいて定員180人のところが200人くらい入ってたんじゃないでしょうか。後ろに立ち見してたんですがよく見えなかったです。少しして前の人が座り出したので見えるようになりました。
で、ついたときにはスクリーンに「そうめん」がどうしたこうした、と言ってましたがあれはyossyさんのプレゼンだったのでしょうか。その後、teraさんcellfusionさんnagggさん(一生Flashでメシ食えなかったら負けかなと思ってる人) X Adobe西村さんのトークをワイワイと見ました。うおー。いつもwebで見てるだけの人たちが目の前におる!! と思う部分と、僕も周りの「その他参加者」の一人でしかないという遣る瀬無さがあるイベントでした。
ところで西村さんが何度も「AIR」と言ってました。いまAIRを本気でやればモテそうです。
それから、Progressionのロゴを作ったNEO GRAFFiTIさんのロゴ語りに納得し、taka:nium御大の登場です。
Progression3の新機能や、すぐに3.1公開予定なことなど、色々と凄いお話をされてました。っていうか、ここに出てくる人たちってみんなプレゼン資料がオリジナルのFlashで出来てるみたいで、もうマジでガチで激ヤバです。
後ろから見ていたので、席に座ってMacbookを出してる人なんかは、説明を聞きながらProgression3(beta)を開いて、その場でプロジェクトを作ってたりしてるのが見えました。
最後はむらけんさんとtakaさんのトーク。「出発ー通過ー到着」という概念だけを覚えていれば、amanaみたいな超スゴいサイトだって作れるぜ! やろうぜ! というありがたいお話。
みんなProgressionでハッピーになろうぜ! という感じで終わりました。
でも、プロの人がプロの人だけで集まって、僕やその他の実績のない人たちはまたそれぞれに頑張るしかない、でも技術レベルじゃ到底勝ち目がない、追いつくどころか同じフィールドに立つことさえできないんじゃないか、という、目に見えないこの大きな壁も感じています。
僕が逆に何も知らなければ、このたくさんのFlash好きの熱意を感じて、まっすぐにプロの技に向かって邁進できるのかな。