ブライダルビデオはSONY eyeVioで自分で作っちゃえ、という時代

実況ジェネレータはeyeVioというサービスにアップロードしたビデオしか使えないんですが、逆に言うと、eyeVioにアップさえすれば動画を編集しほうだい、ということです。
FLV作成エンジンはAsk.jpのらくちんFLVメーカーというサービスらしいですね。
よくブライダルビデオで、プロフィールや二人の思い出の再現ビデオなんかがあると思うんですが、披露宴や二次会で友人が作ってくれる面白ビデオをやるんなら、この実況ジェネレータなんかで編集すると、音楽だけじゃなく寒くない映像が作れそうです。
でもこれを新郎新婦がやっちゃうと寒そうなので、使いどころが難しいですね。
eyeVioでは動画の共有だけでなくダウンロードもできるそうなので、iPodに持ち出したり、DVDに書き込んだり(DVDFlickとかで頑張ればできますよね)すれば思い出も残せます。
または、式の後日に動画を編集して、式のムービーを作るのもアリですよね。あくまで本編があってサブストーリー的な扱いのビデオで。
となると、式当日に撮った写真は、披露宴が終わる前にみんなの写真をガーっとPCに移して、事前(前日とか)に設定した30 days Album でURLを公開して(席次表とかメッセージカードに書いてある)、当日の映像はeyeVioで共有すれば、なんかbridal2.0 っぽくないですか?
カードにURLがあって、「続きはwebで!」っていうのがウェディングで実現できちゃう。
そのためだけにノートPCを買おうかと今思ってるんですが、お金がなくて買えません。teraさんあたりがズバッとやって、bridal2.0 の考え方を広めていければいいと思います。俺は何様のつもりなんだ。
FlashをDVD(デッキで見れる形式)にするにはDVD Flickもあるし、Flasherが映像に関わる(本格的なところじゃなくて新しい使い方を提唱する程度)ことも増えていくんじゃないかな。でも使える時と場所が限定されるから、ウェブ的な考えを持った人がオフライン業界にまだあんまりいない今こそ、参入のチャンスかも。
いちおうやってみた感想はこちらのエントリで。

この記事には、カテゴリ bridal タグは がつけられています。