11/26 月刊インタラ塾#5リポート

10月の#4は無念、行けなかったので久しぶりにインタラ塾に行ってきました。#6もすぐに開催されたそうですが、また行けませんでした。ちくしょう!(ジャックバウアー)

ファイブミニッツプレゼン

最初は例によって5分プレゼンです。って言ってもまた会社を出るのが遅くて、18時20分に急いで出てアップルストアに向かいました。到着したときには40分でした。というわけで一人目のプレゼンを見逃してしまいました。さらに、会場が超満員で、右端に体育座りしてやっと見れました。でもスクリーンの下半分が見えませんでした。ちくしょう!

MTLのタクオさん

見れたのはタクオさんのプレゼンからです。リクルートのDESIGN SHOWCASEやマッシュアップアワード、ワンクリックアワードなどの舞台裏?のお話でした。

ハドソンの長澤さん

クリエイターではなく、クライアント側の立場の意見。3月に決算期を迎えるため、年度末は予算を使えることが多い。でも、「こういうのどうでっか」「10%オフにします」みたいな営業ばかりで、なかなか提案まで持ってくるところが少ない。ちゃんと提案を持ってきて、何度もやりとりすれば仕事になるのに残念だ、機会損失してるよ、というお話でした。

メインゲスト

なんかまた遠い世界の人のよう。
「風とバラッド」の戸練直木氏と「ワイデン+ケネディトウキョウ」の松永有子氏。

「大手広告代理店の営業と、クリエイティブエージェンシーの営業の違いとは?」「これからの「営業」に求めらられるのはクリエイティブ能力?」「マス広告出身とウェブ広告出身のクリエイティブはどう違う?」というのが主題で、白熱トークだったんですが…

遠い世界のことのよう

大手広告代理店とか、有名タレントを起用したCMとか、ちょっとスケールがつかめませんでした。サイトを作るということなら大小は分かるんですが、CMとかは遠い世界のことのよう。

感じたこと

ブランディングとか、この企業(製品/商品)を世界に認知させたい、というイメージは広告人の考え方だなー、すごいなぁー、と思ったんですが、その広告の効果を計ること自体はどうなの?と、感じました。面白い企画、すごい企画というより、それを実施したときの効果測定について聞きたかったです。クライアントに満足いただいたとか、一般調査で大体OKとか、視聴率?やPV、クリック率や何かで効果を上げている、という実績があったら(というかそれを出すことは一人の判断じゃ無理か)キャーってなってたと思います。

どっちにしても2週間も前のことなのでちょっと記憶があいまいです。