クリエイター考

ミケランジェロが「自分が像を想像するのではなく、すでに岩の中に像の形が決められており、ただ自分はそれを取り出すだけである」みたいなことを言ったのは有名なんですが(検索してみるといろんな分野でそれが言われてることに気付く)、そうなのかも。と思いました。
というのは、年末年始でボケーとMTVとかスペースシャワーTVとかを見てたとき、ミュージシャン(≒アーティスト)がいっぱい出てて、この人たちはクリエイターなのかなぁ、とぼんやり考えたわけです。
で、ランキングという制度があって、それはFlasherにはない制度です。評価がランクで付けられる…で、頂点に立つ人がいると。
そのナンバーワンは、自身のエゴやなんかを歌ってるんじゃなくて、ナンバーワンになるべくしてなったのかも。と思うに至りました。
つまり、その人が曲(=作品)を作ったのではなくて、その他大勢の凡人や、僕のようなダメ人間にもわかるように、曲のあるべき姿を翻訳してくれたんじゃないかと。
なので、「その人にしかできない超絶技巧を持った人」と、「誰もが思ってるけど言葉や形にできないものを形にできる人」があって、「注文どおりのモノを作り上げること」はクリエイターじゃなくてオペレーターなんじゃねぇのかなぁ、って、それは誰も思ってることか。
どうして俺はこんなにアホなんだろう、と考える今日このごろです。

この記事には、カテゴリ Flasher タグは がつけられています。