2009年3月、このごろ考えること

転職して一年が経ちました。
ということで心がけを新たにするためのエントリ。
僕はFlash制作者だ、クリエイタだ、と思いながらも、転職した先は「制作は外注が基本」という大手広告制作会社でした。そこではサイトやなんかをどう作るかは問題ではなくて、作り方やクリエイティビティは優秀なパートナー会社がやることとされています。
まあコスト的に当たり前だし、そこは文句言うとこじゃないんですが、そんなこんなで、僕が実際にFlashやるのは、社内サイトやツールだけになります。あとは…好意で引き受けた中小・個人のサイト制作がちょっとあったりして、自分でコード書いたりする機会はなくなると思います。意外とそういう状況になって気付いたのが、僕がFlash技術の勉強をするのは「成し遂げたいプロダクトがあるから」なのでした。目的というか、成果になるサイトなりサービスがあり、それを実現するための技術周辺は勉強するけど、なかなか技術だけを追い求めるのは気持ちが続かないことに気付きました。
なので、これからは(今もだけど)趣味で技術を触る程度になるのかなと。Progressionやってるのはせめてもの悪あがきというか…