限定セール商法について聞いた話

聞いた話。
ネットとは全然関係ない分野です。お正月は福袋や初売りセールがありますが、いわく、ケータイのオークション(たぶんヤフオク)で、好きなブランドの福袋を探してたらしいんです。
すると、当然のように、福袋が出てきます。新品未開封のとかが。値段はともかく、気になったのは中身とのこと。
東京でも、仙台でも、福岡でも、どこのショップの福袋も、一覧にしてみると中身が同じだったらしいんです。まるで都市伝説です。いや色違い程度の差はあったものの。
僕のイメージでは、前年売れ残ったものやセール対象品を店員が大みそかの夜にがんばって袋詰めして、なんとなく5000円の福袋に20000円分の商品が入ったよ、やったね、という作り方をしてるのかと思ってたんですが、どうやら違うっぽい。
最初から福袋用の商品を詰めてるってことか。
そう考えると、この時期の限定セールみたいなものも、結局はセール用の商品を新しく持ってきて、さもお買い得のように見せているってことなの?
ということは、アメ横の年末たたき売りも、本当に10000円のカニをたくさん入れて6000円と書いてあるのに2000円で売ったりしてるのも、実際は2000円で出せるカニでしかないってことなんでしょうか?
一部の業界だけの話なんでしょうかねぇ??

この記事には、カテゴリ sonota タグは , , がつけられています。