Facebookの「いいね!」ボタンへの得体のしれない不安について

僕はFacebookは使いません。
実名だから、というのは2つの理由でイヤだと思っています。
・ryownetである僕とサラリーマンである僕を一致させないといけないこと
・僕が死んだあとに残る世界を僕が制御できないこと
実名で顔写真付きで自分を語るという世界は、クローズドネットワークだとしても僕には怖すぎる。
アメリカではもうこういう状況が起こってるらしいけど、
・実名のせいで住所を特定されて犯罪被害にあった
・元カレにストーカーにあった
・親の悪行を子が知ってしまった、または若気の至りが実名でネット空間に永遠にログされる
怖い。怖すぎる。ネットに僕の何かを残して死んでいきたいとは思うけど、それはすべてじゃなくていいと思ってるし、僕がryownetとして何かやったことだけを残したいと思う。プライベートなことは、別のプライベート用アカウントでやるだろうし。そこには僕や僕の愛する人たちの写真や記憶やその他をワンサカ入れておいてもいいと思う。


いいねボタンについては、はてブを使ってるし自分用のメモにはevernoteを使ってるので、Facebookを使わないといけない理由がないです。
で、いいねボタンを押すとどうなるかを知らないで語っているので間違いが多いかもしれません。
結論:はてブで「いいね」タグを作った
気に入った記事の管理はこれでOK。
ただし、「ちょっといいね」ではなくて、「ryownetとして意見を出すに恥ずかしくない、ていうか他の人にもぜひ知らせたい、でも俺がそれを知ることで一番嬉しい」っていうラインを超えた情報だけにつける、特別な「いいね」扱いです。
あと、いいねタグをつけていた記事を見返そうと思ったら、期間限定ページもいくつかあった。なので、本当にいいねと思ったら、ブログなりキャプチャをとっておくべきだった。
(それがevernoteの位置づけなのかもしれないね)

この記事には、カテゴリ web タグは がつけられています。