HTML5時代のPCサイトHTMLコーディングを真剣に考えてみた

HTML5がほぼIE以外のブラウザで動く時代になっているので、IEユーザが少ないサイトではそろそろ積極的に使っていくべきだと思ってます。YoutubeやTwitterやnanapiがHTML5に振り切ったというのは、ユーザがよく使うサイトこそHTML5化することでユーザビリティを高められるという事実だと思うし(話題性だけだったらGoogleは動かないだろうし)、B2Bのコーポレートサイト以外はもうHTML5オンリーでいいんじゃないかな、と思ってきました。
だけど、実際にお仕事となるとIEユーザは無視できないし、IEユーザ=リテラシ低め=だけど売り上げを上げるにはこの層はやっぱり取り込む必要あるよね、という話になるのでフルHTML5で書くのは2011年現在でも気が引けます。
ではどうするかというと、互換性のあるタグを使えばいい、というだけのことのように思えてきたのでまとめます。