ga.jsを読み解いてみたけどあまり得るものがなかった

ga.jsの4.9.4を読んでみました。Javascriptの勉強になるかなと思ったので。

結論から言うと、あまり得るものがありませんでした。それならjQueryを読んだ方がよさそうだし、勉強という意味ではprototypeのほうが向いてるような気もしています。
でもGA読んでみたいじゃん。

事前準備

まず、ga.jsOnline javascript beautifierで圧縮解除。1540行ほどなのと、後半は関数定義なので読み飛ばしていいかなと思ったので実質1000行くらいでしょうか。
ga.js

所感

ざっと見て一言。「トリッキーすぎる」。
勉強のためにこんなのを読む必要はありませんでした。そもそも、windowを変数Lに入れて、window.document.locationにアクセスするのにL[w][y]って書いたりしてるし、そんな潰れた関数名を配列に入れてforで回して…みたいなことをやっているので、そもそも意味不明です。

やっていることとしては、現状のパスやリファラやクッキー状況を見て、イベントに応じたリクエストをGAのサーバに投げる、というものなので難しくないのかなーと思ってたら、アホみたいに難しいだけなので、おすすめしません。

そんな中でいくつか得るものがあったところだけをメモ。