Posts Tagged “as3”

AlivePDF 1.49でFlash Player10だけでPDFを作る

AlivePDFをFlash Player10で使えば、すべてswfだけでPDFを作り保存することができます。
create.phpを使わずに出来るというのはスゴい便利。

使い方はこんなかんじ。
ここではAlivePDFを拡張したMBPDFを使ってますが書き方は同じ。

var myPDF:MBPDF = new MBPDF( Orientation.PORTRAIT, Unit.POINT, Size.A4 );
myPDF.charSet = MBPDF.SHIFT_JIS;
myPDF.addMBFont(MBFontFamily.GOTHIC,MBPDF.CMap_SJIS);
myPDF.setDisplayMode ( Display.REAL );
myPDF.addPage();
myPDF.addMultiCell ( 210, 5, "いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむ",null,"L" )

as3でテキストファイルを作成、ダウンロードする

テキストファイルをローカルにダウンロードしたかったんです。

そのためにAIRを作るのはアホらしいと思いながら試したところ、あっさり動きました。flash player10です↓

やってることは、単純にStringをfilereference.saveでローカルダウンロードしてるだけ。
これって、ブラウザ上でテキストだけじゃなく、JSやCSSも作ってダウンロードできそう。便利。

mxml

<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="vertical"
width="300" height="200">
<mx:VBox>
<mx:Label text="テキストを入れてね" />
<mx:TextArea id="myTa" height="100" width="200" />
<mx:Button label="toTXT" click="clickTxtBtn(event)" />
</mx:VBox>
<mx:Script>
import flash.net.FileReference
private function clickTxtBtn(e:MouseEvent):void{
var _str :String = myTa.text;
var fileRef:FileReference = new FileReference();
fileRef.save( _str, "textarea.txt" )
}
</mx:Script>
</mx:Application>

Flex3+AIR1.5でブラウザを作る

>mx:HTML
だけでブラウザが作れちゃう手軽さと、mxmlの書きやすさ(オブジェクト指向にしなくていい。なんだったら全部private function で書いちゃえばとりあえず動くから楽チン)のせいで、Flex builderから離れられなくなって、最近はFlashがただのパーツswf作成お絵かきツールと化しちゃってるこのごろ。
こうもFlexにベッタリだと、日常使うツールは全部Flexで作りたくなっちゃいます。
たとえば、ブラウザ。
Firefoxは重いし、IEはアホだし、Chromeは「最近の履歴」がいきなり出ちゃって恥ずかしいので、よく見るページだけを登録した、専用ブラウザを作っちゃえば効率化がはかれるかと思って試してみました。
#ref(http://ryow.net/blog_old/2010/01/testbrowser1.jpg,nolink)