marketing

シンプルマーケティング を読んだ

あぁ、こういうのをマーケティングっていうのか。と思いました。

これまで(つっても全然知識ないけど)は手法ひとつひとつを深堀りした本を読んでたんですが、入門書っていうのをまだ読んでなかったので。
で、本書は市場シェアの強さと意味の説明から始まり、商品の分析手法の紹介がメインです。

クープマンの市場シェア目標値

独占:73.9%
安定:41.7
影響:26.1
上位:19.3
認知:10.9
存在:6.8
というシェア値(%)があったとして、マーケットには最低6.8%ないと存在そのものがないと判断されてしまう。という話です。認知されるのは約11%、カテゴリ上位と思われるのが約20%、で、ユーザが100万人いれば独占市場を定義する目標になる。とのこと。

プロダクトコーン

規格(スペック)が土台で、その上にベネフィット、エッセンスが乗る形の円錐。
ユーザはベネフィットを求めるから、ベネフィット戦略が効果的。

ヘルシア緑茶でいえば
規格:厚労省の特定保険用食品認可をうけた、カテキンが沢山入ったお茶
ベネフィット:飲むだけで体脂肪を軽減する
エッセンス:権威

DCCM理論

差別性、優位性、説得性、市場性の4つの軸で商品に点数をつける方法。これにプロダクトコーンを合わせれば、戦略を立てる道筋が作れます。

  規格 ベネフィット エッセンス
差別性      
優位性      
説得性      
市場性      

改訂 シンプルマーケティング
改訂 シンプルマーケティング

「インサイト実践トレーニング」を読んだ

会社の先輩から貸してもらって、「インサイト」なる考え方を著した本を読みました。最近のマーケティング手法として、「ペルソナ」やら「インサイト」やら、今になって「顧客中心」をうたった手法が増えてきました(のか、僕の考え方がそっちにシフトするようになってこういう手法が目に入るようになってきたのか?)。

「マーケティングとPRの実践ネット戦略」を読んだ

WEBマーケティングの勉強が必要になると思い、これから高い本をガンガン買おうと思いました。
まず選んだのは「マーケティングとPRの実践ネット戦略」。ジャケ買いです。

WEBでのマーケティングとPRは、これまでの「マス」向けではなくて、ユーザ(カスタマー)に直結する方法を取るべきだとか、限られた記者のためのプレスリリースではなくて、ブロガーが食いつけるようなニュースリリースにすべし、とか…
うん、あー、うん。そうだね。っていうか当たり前じゃね? という印象。
この本が出たのは2009年2月のことなんですが、内容は2006~2007年に著者が実践して成功した電子ブックがもとになっているので、なんとも古いよね、という感じが正直、否めません。マス向けや専門誌向け?の広報担当にはいいと思います。

マーケティングとPRの実践ネット戦略
マーケティングとPRの実践ネット戦略