Twitter bootstrapをよく参考にするけどフロントエンドフレームワークについて思うこと

Twitter Bootstrap というフロントエンド開発フレームワークが2011年の夏くらいに出ました。と時をほぼ同じくして、僕もその当時に携わっていたプロジェクトで同じようなフレームワークを作っていたので、Bootstrapはいいなあ、おしゃれだなあ、と思いつつ、作りかけのフレームワークの完成度を上げていきました。

バージョン1
バージョン2

その際、よくBootstrapのコードを眺めたり真似したりしていたんですが、さすが海外の天才が作ったのは違うよね、勝てないよね、と思っていたんですが、最近は、でもそこまでの機能はいらんよねと思うようになってきました。

IDEAxIDEAさんなんかがゾッコンらしい記事がありますが、そのくせ、「そのままのデザインはイヤだ」みたいな記事もときどき見ます。個人的には、WebサービスのUIは全部Bootstrapになればいいと思ってます。なぜか。デザインがいいから、とかじゃなくて「オレオレデザイン」じゃなくなるからです。保存ボタンや重要なアクションがあるボタンは青で、画面内で吹き出しが出たりページトップに戻ったりするボタンは白、みたいに共通の使い分けができるというのが理由です。

デザインが一般化すればするほど、Webサービスの利用目的を阻害する要因が減っていくはず、と考えます。iPad3の発表会でも、「デジタルデバイスが究極に進化すると、その存在を感じさせなくなる」という一言がすべてです。「このボタンは何だっけ」とか「あの操作をするにはどうすればいいんだっけ」という疑問は全部無駄な行動で、本当はそのボタンを押す目的があるはずです。編集した画像を忘れないように保存しておきたい、とか(保存を自動にすることでそれは達成されるけど気持ち的な問題もあるし)。ユーザにサービス自体の体験を向上させるためには、デザインも機能もすべてが透明になる必要がある、と僕は思っていて、現状、フロントエンド開発で最もそれに近いのはBootstrapじゃないかと思うのです。だからこそ、スキンはあんまり変えない方がいいと思ってます。

やりたかったことはUXじゃないかと気づいた話

今まで、Flashを作ったりHTMLを書いたりアクセス解析をしたりしていましたが、なんとなくそれらの経験が繋がったような気がしました、という話。

HTML(やCSSやJS)を書いてたときは、文字で作った構造がビジュアルになるのが楽しかったし、Flashをやってたときはデザインとインタラクション(とその仕組みになるスクリプト)が一体になっていることが、没頭するくらい楽しかったです。

それから、ただ作るだけじゃダメだなと思うようになり、解析をやり始めました。といってもGoogleアナリティクスに詳しくなったという程度でしかないけど、その構造や仕組みやインテリジェンスを理解するにつれ、これもまた楽しくなってきました。

でも、いつの間にか解析から離れ、またHTMLとかに戻ってくることになりました。HTML5やCSS3といった文脈で、マークアップや制作の楽しさを再確認していたところでした。ちなみにHTML5とCSS3は一体じゃなくて、別にHTML4でもCSS3はブラウザによって動くんだからセットでやる必要はないと思ってます。ただHTML5だとデザインとコードの分離がよりキレイにできるようになったから、「id要素はHTML構造を示す」「cssクラスは装飾を示す」「data-*要素はコードで利用することを示す」と言った感じで分離するといった書き方を底上げして薄ら笑いしたりしています。

で、本題。

デザインがもっとセマンティックになっていくということ

今年はスマホが普及してきたな、と思った。僕が初めてiPhoneに機種変したのは去年(2010年)で、iPhone4が出たばかりのタイミングでした。アプリはあんまり入れてないし、有料アプリはほとんど入れてない。iPhoneを買ってすぐは少し有料のフォルダ管理アプリとかを買ってみたけど、なぜだか100円ちょっとが高く感じる。これは今もそうだ。

ただ、アプリのレビューコメントが情弱ユーザが如実に現れてきたり、なんだか衆愚なアプリがランキング上位をとったりし始めたのが今年の秋。だいたいiPhone4Sがでた頃。あ、Android界隈の話はまったく知らないで書いてますよ。この頃から「スマホ初心者に優しいアプリやWEBサービスってどんな形だろう」と考えるようになってきた。とは言っても2,3ヶ月の話なんだけども。

デザインがセマンティックになっていくとは

いわゆるHTML5という文脈で語られるsection要素やらarticle要素やらアウトライン構造やらという話ではなくて、もっと見た目に近い部分で、そうなっていく。デザイン自体が言葉と同じ意味を主張し始めるようになる、と思ってる。
それはiPhoneだからとかスマホだから、ということじゃなくって、WEBアプリケーションが全体的にそうなっていく、と感じ始めた。結局それは牽引役がいるんだけど、FacebookやTwitterやGoogleがやっぱり代表格で、プラットフォームとしてはWindows8のMetro UIだったりする。