Posts Tagged “書籍”

コミュニケーションに難があるので本を読んでみた

僕はコミュニケーション下手で、劣等感に苛まされていて、うまく表現できないし、声をかけられるとテンパるし、頭も悪い、という何重もの枷を背負って生きている、いわば非コミュ野郎なんですが、こりゃいかん、という危機感は常にあるので、いろいろと乱読しているわけです。

本当はブログにはFlashだのテクニックだのそういうことを書いてりゃあ幸せなんですが、とても素晴しい本があったのでこのエントリだけ本音を書きます。
年末年始に読んだ3冊です。

・「人間関係のしきたり」川北義則
・「言いたいことが言えない人」加藤 諦三
・「誰にでもいい顔をしてしまう人」加藤 諦三

下の2冊は知らずに買って、読んでいくうちに「これ、同じ人が書いてる?」と思って表紙を見直したら同じ人でした。独特の文章です。

「インサイト実践トレーニング」を読んだ

会社の先輩から貸してもらって、「インサイト」なる考え方を著した本を読みました。最近のマーケティング手法として、「ペルソナ」やら「インサイト」やら、今になって「顧客中心」をうたった手法が増えてきました(のか、僕の考え方がそっちにシフトするようになってこういう手法が目に入るようになってきたのか?)。

「マーケティングとPRの実践ネット戦略」を読んだ

WEBマーケティングの勉強が必要になると思い、これから高い本をガンガン買おうと思いました。
まず選んだのは「マーケティングとPRの実践ネット戦略」。ジャケ買いです。

WEBでのマーケティングとPRは、これまでの「マス」向けではなくて、ユーザ(カスタマー)に直結する方法を取るべきだとか、限られた記者のためのプレスリリースではなくて、ブロガーが食いつけるようなニュースリリースにすべし、とか…
うん、あー、うん。そうだね。っていうか当たり前じゃね? という印象。
この本が出たのは2009年2月のことなんですが、内容は2006~2007年に著者が実践して成功した電子ブックがもとになっているので、なんとも古いよね、という感じが正直、否めません。マス向けや専門誌向け?の広報担当にはいいと思います。

マーケティングとPRの実践ネット戦略
マーケティングとPRの実践ネット戦略