Posts Tagged “UI”

メタシークバーを考察してみた

シークバーというと「時間を自由に前後できるUI」というイメージがあったんですが、べつにここにこだわる必要ないですね。ボリュームコントローラもそうだし、音量の左右のパンの調整もそうかもしれない。シーケンサーにたくさんついてるつまみもそうだし。
ということは、シークバーというUIは、「ある一定の範囲で数値を前後させることができるUI」という広義の解釈で使うのがよさそう。
つきつめると、大か小か。イチかゼロか。始まりか終わりか。です。
まぁ、広義解釈してしまうと「スクロールバー」という一言で終わっちゃうし、UIとしてはかなり古い時代からある(っていうかブラウザの右端についてるから誰でも使えるし誰も気にしない)モノになってしまいました。
ビデオのシークっていうのはジャンル的にかなり小さい範囲で、しかも扱うものがビデオだから、始まりと終わりを繋ぐバーっていうよりもその中間、バーの「現在」に気が向いてしまいがちですが、結局はイチかゼロか、です。ですっていうか僕は専門家じゃないけどそうだと思います。
このエントリはすっごく個人的な内容に終始しちゃうんですけど、シークバーをスクロールバーの一種として、さらに始まりと終わりを繋ぐ数直線状の一点を意識させるUI、っていう解釈にたどり着けたのは良かったと思います。

僕がシークバーばっかり作ってるのは短気だからか

普通の人はFlashのアニメーションを見るのに「全体は何分で、今は何割進んでて、もうちょっと飛ばして見たいな」とか思わないのかな、と思いました。
そういえば僕は本は斜め読みだし、テレビはザッピングしまくるし、AVは飛ばすし、Flashは最初と中間と最後だけ見てみて、面白そうだったら全部見る、という習慣があるのかもしれません。
そのくせJOJOは何度も読み返したりして、時間が止まるだの吹っ飛ぶだのといったスタンドに憧れるわけです。
思うに、シークバーってのは短気な人のためのインタフェースで、普通の人や気の長い人に対しては、実は違う形のUIがあるんじゃないでしょうか。
Youtubeにはじまる動画系サイトは全てシークバーを実装しているけれど、リアルを見回せば、ビデオにはそんなものないし、映画はそもそも時計がないし、テレビは1時間番組のどこで面白いことをやるかわからないし、という意味では、シークする必要がないんじゃないか、と。
むしろそれよりも、最初と中間と最後のサムネイルを並べて、直感で分かるようにするのが映像を「観た」という感覚に近いのでしょうか。
アニメーションやビデオを再生するためのUIは、実はまだまだ発展途上なのではないでしょうか。
と思うのは僕だけか。
もっと違った形でインタラクションを実装したボタンを作れれば、ウェブtoリアルの理想に近づけるのかなぁ、どうすりゃいいんだろうなぁ、
という雑記、です。
結論:エロい奴ほどよくシクる。

Flashをビデオのようにシーク、再生停止できるMovieClipController(ver.2.1)を公開

via : MovieClipController(ver.2)のエントリ

外部ファイル読み込みに対応したver2.1です。
これはスマートじゃないんですが、こういう形で公開しておきます。本当はクラスの中に入れて使うと多少スマートになるんですが、そのとき使ったファイルからこのコントローラの部分だけを抜き出して公開するとなるとクラスに修正が入るのでメンドイなぁ、ダルいなぁ、マジダリーよダルビッシュだよ、ということになるのでこの形になります。まぁ公開するので好き勝手やってください。

flaを開くとわかるんですが、loadClipで読み込みファイルを指定しています。で、コントローラに最初に設定してあるプロパティを、外部ファイル読み込み後に設定してあげます。それだけ。

ダウンロードはこちら:(ver8 .fla形式をzipにしたもの)