book

「買う気の法則」を読みました

広告ってそもそもなんだっけ?という内容。
「額縁広告」と書いてありますが、広告を「作品」として批評したり賞を祝ったりするのは、本筋じゃないよね、という話から始まり、広告の目的は何か? を追求していく、僕のようなマーケ素人でも面白い!! と思う1冊です。ちなみに広告の目的は、ずばり「個人消費を拡大させることと、世の中を明るくすること」。
そりゃそうだ。一部の批評家やクリエイターだけが浮き立つ作品を作ること、なんかじゃないよね。

Webマーケティングコンサルタント養成講座 を読んだ

いまさらな感じではあるんですが、Webの制作(コーダー、Flasher、プログラマ)やディレクターは、ある意味、作ることに特化した考え方を持っていると僕は思っています。
それは「ここはこうしたほうがいい」とか「ここはこうあるべき」という、コンテンツに対しての美学というか常識みたいな感覚です。
でも、それは「サイトの中」の話であって、じゃあサイトにそもそもユーザが来てくれるにはどうしたらいいのか?という話になると、「サイト内のユーザ導線」とか「SEO」とか、こりゃまた作り方を考えてしまいがちになるんですが、実際はそうじゃないのです。
検索エンジン広告を貼って、メディアにバナーを貼って、ブログでクチコミを広めて…と、そういった「サイトの外側」の作り方、というか仕組みを構築する必要が出てきます。
さらには、「何のためのサイトを作るのか」を考えた時、ターゲットを絞って、その人に向けたコンテンツを作る必要もあるし、ECサイトなら、初めて買う人にはどうすりゃいいのか、再訪してくれた人はどうしたらもっとリピートして沢山買ってくれるのか、といった、マーケティングの知識や経験、感覚が必要になってきます。
で、それをトータルで考えて実現できる人を「Webマーケティングコンサルタント」と呼びます。そういう立ち居地…まぁ広告代理店なんだけど…の人向けの教科書が本書というわけです。
たとえば「何がいい広告か」「何がいいサイト(キャンペーン)か」を判断するには、どうすればいいでしょうか。
ひとつには、沢山のユーザがサイトを訪れてくれること。または、商品が沢山売れること。あるいは、ユーザ登録やお問い合わせが沢山あること、かもしれません。そういうときに、何をもって成功とみなすかというと、バナーのクリック率だったり商品の購入率だったりといった「ユーザのアクション率」なんですね。
それをコンバージョン(CV)と呼んだりするんですが、CVを上げるため、もしくは費用対効果を上げるため、の戦略を考える人がWebマーケティングコンサルタントというわけです。
オプトというネット広告代理店のすごい人の著書なので、たぶんオプトの中の人はみんな本書を身に付けていると思います。そうなると、最低限、本書に書いてあることをマスターしないと同じ土俵で戦えないぜ、どうすんだ、という、業界的に難しいぜこれからは、という感覚にさせられます。
B2B視点やモバイル視点がないんじゃね、というレビューもありますが、そう思う人はきっと、基本を身に付けている人だと思うので、まずはこの本を何度も読んでWebマーケティングの感覚を身に付けるようにします。


Webマーケティングコンサルタント養成講座

コミュニケーションに難があるので本を読んでみた

僕はコミュニケーション下手で、劣等感に苛まされていて、うまく表現できないし、声をかけられるとテンパるし、頭も悪い、という何重もの枷を背負って生きている、いわば非コミュ野郎なんですが、こりゃいかん、という危機感は常にあるので、いろいろと乱読しているわけです。

本当はブログにはFlashだのテクニックだのそういうことを書いてりゃあ幸せなんですが、とても素晴しい本があったのでこのエントリだけ本音を書きます。
年末年始に読んだ3冊です。

・「人間関係のしきたり」川北義則
・「言いたいことが言えない人」加藤 諦三
・「誰にでもいい顔をしてしまう人」加藤 諦三

下の2冊は知らずに買って、読んでいくうちに「これ、同じ人が書いてる?」と思って表紙を見直したら同じ人でした。独特の文章です。