Posts Tagged “イベント”

2008/9/17月刊インタラ塾#3リポート

インタラ塾に行ってきました。

今回はFlash界の神・Basculeの馬場さんと原さん。僕が会場に着いたときにはやっぱり満員で、立ち見でした。

馬場さん

魔球ロワイヤルとかGYOROLとかの話でした。会場に入ったときにGYOROLのQRコードをプリントした紙を手渡されてます。
画面のGYOROLに、その場にいた全員でアクセスしようとしたのに、会場は電波状況が悪く、僕は圏外でした。15~20人くらいは接続できたみたいで、しばらくはトークそっちのけで釣りしてる人がいました。レアな巨大古代魚もなぜか3匹くらい釣れてて大ウケでした。

そして、GYAROLを画面右においたまま、左にキーノートを広げてトークは続きます。それでも3、4人遊んでました。
ところでこのゲームは、ケータイをコントローラに見立てたところが新しいと僕は勝手に思っています。そういう取り組みは今までもあったんでしょうけど、ケータイのキーイベントっていうのはそもそも↑↓と数字キーしかなくって(Flash Lite1.1)、決定キーとかサブキーを使おうとなるとLite 2か3が必要になります。必然的に、↑↓で選択して数字で決定するしか使い方がなく、結果として連打ゲーかタイミングゲーばっかりになりがちでした。
だからケータイのインタフェースはその程度なんだろう、広がらないんだろう、と勝手に思ってしまっていました。それを取り払ったのがGYOROLです。5キーを中心にした数字キーでの上下左右。まぁ、←→を押しちゃってゲームが終わっちゃうのもよくあることなんですが。

インタラクティブなものを作るときの指標

アクションに対してのリアクションがある。それが狭義のインタラクティブ。でも、それを期待するためにはユーザがそもそもアクションを起こすためのきっかけ、というか報酬がないと動かないと思っている、というお話です。

まず気付いて、動機付けして、そしてアクションに至る。ということは、「このボタンを押したらどうなるか」「クリックしたらどうなるか」というギミックがどうのこうのじゃなくて、ユーザがそれに気付くようにモチベートしないといけない、という意識が大事なのだそうです。

ユーザの認知からアクションまでの導線を考える、ということ。ユーザはアクションに対する納得感がないと動かない。

いいインタラクティブとは、インタラクティブのサイクルを一言で説明できるもの

広告の仕事ではよく「AISAS」とか「AIDMA」とか言います。マスでの概念っぽいと思ってた部分もありましたが、ユーザ導線を考えるコミュニケーションには必須の考えなのかも。
アクションが最終地点だとしても、いきなりアクションする人はいません。ユーザは、まず認知して、理解して、その上でアクションして、納得したら他のユーザにバズってくれるかもしれない。でも、ただボタンを置いといてもダメ。

そしてまたGYOROLに戻ります。まだ2人ゲームしてました。
GYOROLでは「QRコードを撮ると、ケータイが釣竿になります」という一言でインタラクティブサイクルを表現していました。これがよかった、と話していました。逆に「QRを撮って名前を入れて遊んでね」ではダメだったろう、とのこと。この違いに気付くためには、徹底してユーザ視点で考えることが必要なのだと感じました。

今後は

ブラウザの中で出来ることは、ここ数年、世界中で考えつくされている。だから、これからはネットにアクセスできるデバイス(場所?)がどんどん広がっていくとのこと。GYOROLはその答えのひとつで、ブラウザを経由してモバイルに行く、という導線を敷いたという内容でした。なるほど。インタラクションは結局ブラウザに至る、というブラウザ至上主義に僕は陥ってしまっていたのですね。ためになったねぇーコリャ。

原さん

続いては原さんです。Saabは、細部だ。を作ったり、Basculeサイトのロゴを動かしたりとクリエイターの面が強調されがちでしたが、今回はディレクターとしてのお話です。
結論から言うと、だんだんディレクターの仕事になっていって、細かいこと(Flashを作ったりとか)ができなくなってくると、チームを信じて一体的に動くことが大事、というありがたい内容でした。

ところで、Webデザインノートとかその他雑誌で見たまんま、深々と帽子をかぶったスタイルはそのままでした。やっぱり!!と思いました。

で、ディレクターとして、ここ2年はAXE(アクセじゃなくてアックスと読む)の仕事がメインだったそうです。その中でも、AXE Wake-up callと今アツいAXEチョコマンハントのお仕事についてです。

ユーザとのコミュニケーションを大事にする

耳が痛いお言葉です。そもそもディレクターは「アイデアをどうにかして実現させる」「体験(コミュニケーション)の演出」「足りないところは全部やる」が仕事で、その中でも「作品を創るというより体験を創る」ことが大事。

さらに耳が痛いことに、「作る人は、作るもの自体は凄くガンバるけど、ユーザと作ったもの(サイトとか)をどう繋げるかをあんまり考えてないのでは」と仰ってました。
まさにそうで、「ほらほら、いいの作ったよ。見て行って!!」なんつってサイトなりブログなりを作っても、並べるだけではユーザはそこにたどり着くことさえできなくて、結果、アクセスも反響もよくなくてクリエイターも泣く、クライアントも泣く、ユーザは存在を知らない、という泥沼に陥ってしまうのがクリエイター至上主義です。

トークの中で何度も出ていましたが、ユーザが体験したときの感情の動きを意識して、大事にしている。ということ。それは、サイト上でユーザがどう動くか、ではなくって、一人ひとりがどう感じるか、心にズキュンと来るか来ないのか、というレベルの話です。

いいもの作ろう!!って気になりました

いやー、インタラ塾は勉強になるなぁー。次回は777interactiveの福田さん。っていうかどんだけ贅沢なイベントなんだ!!

2008.9/4(木)Launching “Progression 3″ in Apple Store, Ginza リポート

行ってきました。当日は15分ほど遅れて会場入り(インタラ塾でおなじみ:アップルストア銀座)したんですが、立ち見がいっぱいいて定員180人のところが200人くらい入ってたんじゃないでしょうか。後ろに立ち見してたんですがよく見えなかったです。少しして前の人が座り出したので見えるようになりました。
で、ついたときにはスクリーンに「そうめん」がどうしたこうした、と言ってましたがあれはyossyさんのプレゼンだったのでしょうか。その後、teraさんcellfusionさんnagggさん(一生Flashでメシ食えなかったら負けかなと思ってる人) X Adobe西村さんのトークをワイワイと見ました。うおー。いつもwebで見てるだけの人たちが目の前におる!! と思う部分と、僕も周りの「その他参加者」の一人でしかないという遣る瀬無さがあるイベントでした。
ところで西村さんが何度も「AIR」と言ってました。いまAIRを本気でやればモテそうです。
それから、Progressionのロゴを作ったNEO GRAFFiTIさんのロゴ語りに納得し、taka:nium御大の登場です。
Progression3の新機能や、すぐに3.1公開予定なことなど、色々と凄いお話をされてました。っていうか、ここに出てくる人たちってみんなプレゼン資料がオリジナルのFlashで出来てるみたいで、もうマジでガチで激ヤバです。
後ろから見ていたので、席に座ってMacbookを出してる人なんかは、説明を聞きながらProgression3(beta)を開いて、その場でプロジェクトを作ってたりしてるのが見えました。
最後はむらけんさんとtakaさんのトーク。「出発ー通過ー到着」という概念だけを覚えていれば、amanaみたいな超スゴいサイトだって作れるぜ! やろうぜ! というありがたいお話。
みんなProgressionでハッピーになろうぜ! という感じで終わりました。
でも、プロの人がプロの人だけで集まって、僕やその他の実績のない人たちはまたそれぞれに頑張るしかない、でも技術レベルじゃ到底勝ち目がない、追いつくどころか同じフィールドに立つことさえできないんじゃないか、という、目に見えないこの大きな壁も感じています。
僕が逆に何も知らなければ、このたくさんのFlash好きの熱意を感じて、まっすぐにプロの技に向かって邁進できるのかな。

2008/08/07月刊インタラ塾#2リポート

第二回月刊インタラ塾に行ってきました。
18時にまたシャーっと会社を出て、バスで行く予定がバス満車のため通過しまーす、なんて言われちゃって、結局銀座まで走りました。汗臭い人がいたらそれは僕です。
18時半からだったんですが、第一回よりも何故か人の入りが少ない感じ。でも徐々に人が増えて、結局立ち見もいっぱいいたみたいです。

最初はファイブミニッツプレゼン

今回はプレゼンターがみんなちゃんと5分きっかりのプレを達成するという驚きの内容でした。

||_koba_||さん

kobaさんといえばこちらのエントリをうっかり見た僕が転職を決意した、という経緯があり、(一方的に)リスペクトしていた人です。あとで挨拶して名刺交換だけできましたw
しかも名刺に「名古屋から来たFlasher」って書いてあるし。本物だ!!

プレの内容は「MacBookを傾けろ!」です。
これはMacBookについているセンサーを使って、傾き加減をFlashでキャッチするようにして、本体を傾けるとコンテンツが動く、というゲームを紹介されていました。このセンサーはiPhoneとかにもついているらしく(本来はMacを落としたときに傾きをキャッチしてHDD損傷を防ぐためにHDDを停止させるものらしいですね)今後、活躍の場は増えるだろうとのお話でした。実際はMac→AMF?→Rubyサーバ→Flash、という通信で状態をキャッチしているとのこと。RubyからXMLSocketか何かで常に状態を流していてFlashで毎フレーム(?)それを監視、という感じでしょうか。
ENTER_FRAME系の重い処理は向いてないっぽいということも仰っていたような。
これを使って、ボール落としゲームじゃなくて、台座に乗っているMacに通常は普通のコンテンツが写ってるんだけど、右に傾けたら秘密のコンテンツ、左に傾けたら変なコンテンツを表示させる、とか、右はYES、左はNO、というクイズゲームはどうだろう。

大田さん

2番手は1-minutesのWEBデザイナの太田篤志さん。長身イケメン!!

「WebデザイナーからのECO」というお題。
またアレか、似非エコロジストか。とか思っていたけど、違うよ。全然違うよ。でした。
111 x 0.34 = 37.74
この式は何だろう? 実は、消費電力かける係数イコールCO2排出量、という電気代の計算公式でした(注:0.34は東京電力のデータ。0.55以下は各電力会社によって係数違います)。それをもとに、AIRアプリでCO2排出を削減しよう、という壮大な計画。プレ後の質問タイムでは、CPUの発熱量や何やらを取得して、PC自体のCO2排出量を計算すればもっと分かりやすいECO体験になるね、という夢のあるお話にまで広がりました。

下條さん

3番手はプランナーの下條泰朗さん。1-click Award 2007 でインタラクティブの可能性を表現した問題作を世に送り出した人です。

リゲインとメタルギアソリッド4のキャンペーンで、予算がないため特設サイトを作れないという状況の中(そんな状況でもキャンペーンしる!と言うクライアントがすごいと思うけど、まぁいろいろ絡んでるんでしょう)スネークを探せキャンペーンを展開。リゲインのサイト上のどこかにスネークがかくれていて、全部見つけると特典ゲット! という内容。で、これが広告打ってないに関わらず、アクセスが通常の200倍まで大爆発。
その秘密は完全に「ブロガーリレーション」。すなわち、ブログを書いてもらうというバイラルだけでここまで展開させた、というわけです。バイラルさせるためにブロガーにお願いするときの秘訣は「あなただけに教える、ローンチ12時間前の特ダネ」らしいです。ブロガーも「俺だけが知ってる情報!うひょ!」と思って書けば、そりゃブロガー魂がくすぐられます。それって、「ブロガーは人間だ」って言ってるのと同じことかなと思いました。
ちなみにクライアントからもらったスネーク画像は、歩く/止まる/しゃがむ/のぼる など16点くらい(?)の絵。これをコマアニメでつないで、なんとか動かしてました。

プロのプランナーの仕事を見ました。

尾崎さん

最後はkurukuruの尾崎 俊介さん。雑誌WebDesigningでも連載を持たれてますね。

ザッツインタラ塾! とも言うべきプレでした。内容は、体感型Flash相撲ゲーム。クリック(キータッチ)で相撲レスラーがはっけよいするゲームを、たたみをボタンとして使うことで体感型にするという発想のゲーム。説明なしで使えるものが万国共通の体験、そしてインタラクティブ、というお話。
Flashやってる人ならみんなそのスタンスに、作り方に、体験に、あこがれると思います。そういうの僕もやりたい。

やっとメインゲストが登場

イメージソース・ノングリッドの清水さん。「1クリックの責任、インタラクティブで世界征服する」

プレはwiimoteを使って、wiiコントローラでページ送りしてました。途中、スクリーンセーバが始まっちゃって直そうとしたとき、Macのマウスと競合しちゃってポインタが暴れるという一面も。
で。
東大法学部を出たとか、ホリエモンの手下で働いてたとか、まぁ壮絶な経歴を語られました。っていうかそういうことも僕はブログに書いちゃいますよ。
そして本題、クリックの先にはエンターテインメント(コンテンツ)がなければいけない。という信念のもと、クリックには(インタラクティブには)破壊力がある=ユーザの気持ちを動かせる、だから世界も征服できる。というお話でした。

みんな知ってる BIG SHADOW や REC YOU. のキャンペーンも手がけるなど(最近、GTの内山さんのお話で BIG SHADOW のことを聞いたばっかりだったのでうひょ、と一人で思ってました)すごい経歴。さすがイメソ! ノングリッド! という感じ。

最後にbookmarklet(?)で画面をジャックする、という面白コンテンツを紹介されて、thaのサイトをジャック(=征服)してました。

まとめ

  • web広告のライバルはテレビCMじゃなく、テレビ番組だ
  • インタラクティブには力がある
  • みなさん、プレがオリジナルのFlashコンテンツ(パワポとか使ってない)