Posts Tagged “uniqlo”

UNIQLOのブランドサイトを集めてみる

最近、UNIQLO CALENDAR というサイトが公開されて、やっぱすげぇなぁユニクロ。違うよね。他とはね。っていう空気が一般化(?)してきた感があるんですが、同時に、サイト立ち上げすぎじゃねーの、とも思ってしまうのです。
だって、たくさんありすぎてよく覚えてないものもあるし。

なんでそんなことを続けるんだろう、と考えました。まぁ新商品が出れば新サイトを立ち上げるのは当然だとしても、とにかく作ること・話題になることが目的なんだろうか? それとも、今までばらばらにリリースされてたサービスが、実は一つの哲学に基づいていて、どっかのタイミングで俯瞰したときに一つの絵を描いていたりする?
江戸の町は風水的に計算されて作られているとか、そういう視点で。サイトごとに直接はつながりがなくても、鬼門となる地点やサービス名を繋げると星の形になって中心に位置する城を守るとか、そういう意図があるのか? 個人的にはそれが分かるとスッキリするからそうあってほしいとも思いつつ、現時点でのサイトを集めるのも意味があるかなと思ったので、とりあえず集めてみます。

UNIQLOサイトがリニューアルしたらしい

uniqlo

今更なのでリンクは貼らんけども。
特徴が、紙面のようなレイアウト。ファーストビューには大きめのコマがいくつかあって、下の方にはジーンズとか旬カジュアルとか、それぞれのカテゴリの(ショップへの)リンクがあります。

HTML構造はいたってシンプル。divにタイトル(h2)とテキスト(p)があるだけ、というコマがひたすら順序良く並んでいるだけというもの。コマのクラスはユニクロらしく「L」「M」「S」。で、「&」をエスケープしてないのを除くとValidです。やりますね。

ただ、流石はユニクロ。コマのすべてのリンクにはAnalyticsタグが仕込まれています。つまり、コマごとのクリック数をカウントしているわけですね。

onClick="javascript:urchinTracker('/click?link=L1-L1_z5');"

のような使い方で。
なぜGA.jsじゃなくてurchin.jsなのかは知りませんが、とにかくクリックをカウントしています。参考になるのはカウントの方法です。
「/click」という架空のページを利用して、コマごとのIDをクエリにつけています。こうすれば、あとで /click でソートすれば、どのコマが効果が高かったかが丸分かりです。ユニクロみたいに頻繁にサイト改善をするなら、こういう数字は重要ですよね。これで「服より女の子の写真のクリック率がメッチャ高いことが分かった!来週から全部のコマを女の子の画像にするぞ!」みたいな改善が日々行われているわけです。知らんけど。

UT LOOP! がラウンチされてた

UT
UT LOOP!

yugop御大がNHK「プロフェッショナルの流儀」で作ってたアレがついにラウンチ。ブログパーツの提供はまだみたいけど、EDITできました。その方法も、リズムに合わせて数字キーを押して自分でLOOPを作るのと、ひとつずつ音(映像)を乗っけていく2通りがあります。

正直、Tシャツに目がいくことはほっとんどないんだけど(映像と音に見とれてしまうから)、ユーザの反応を考えると現時点でこれ以上に「人に教えたくなるサイト」はないかも。「僕はTの人がお気に入り」とか「AHAがいい」とか「カワイイーが可愛い」とか、ネタの要素満載です。

しかも延々と作品がループしていくので(☆5点満点で評価できる)、ついついサイト滞在時間が長くなってしまいます。見ていて面白いウェブってなかなかないよなぁ、と思ってたけど、ナビゲーションも説明もクリックもなく、見ているだけで楽しめる体験(しかも自分でやってみるのもハードル高くない)は、まさにウェブ的。ウェブって面白い、とウェブを知らない人でも思えるサイトです。
発想と表現のケタの違いをまざまざと見せ付けられて、そしてそのままブログに書いてしまいました。全てはUNIQLOの戦略通り…!!