Posts Tagged “イベント”

1/28 月刊インタラ塾#7リポート

ビデオブログは最強の販促ツールだ!

ジェット☆ダイスケさん(ピーヴィー

実は、僕はジェットさんのことを知りませんでした。知らない大物の話を聞くことができるのがインタラ塾の魅力ですね。

ジェットさんはビデオキャストを3年も前から実践して成功されてた方。でも、単体での収益化は難しいと判断され、動画を使ったレビューという販促方法を展開。で、それが大成功と。ちょっとビックリするぐらい儲かったそうです。

web2.0時代のコンテンツも乱立すると効果が薄くなる

CGMを作っては広告で収益を出す、というモデルで成功できるのはホントに一握り。スタートアップしたけど頓挫するサイト多数、という戦国乱世の中、ジェットさんは「ジャパネットみたいな、インフォマーシャルとしての動画」の可能性に気付き、ブログでも紹介だけでもなく「スペックだけじゃ読み取れない、イメージしにくい使い方」を説明する場として動画を使いました。つまり、分かりにくいものこそ相性がいい、ということでしょうか。

動画編集はジェットカット

無駄な情報はすべてカットする、という手法がジェットカット。「あー」とか「えー」とか言ってる間も、パッケージを開ける動作も、大胆にカットしています。それで勢いをつけた動画は、まさにジャパネットのレベル。しゃべりの内容は編集でいくらでも面白く出来る、という動画の底力を見せ付けられました。

AR技術と名刺を組み合わせたコミュニケーションサイトについて

吉川佳一さん(ボストーク

FLARToolKitを使ったAR名刺に、アバターを追加してキャラクター同士のコミュニケーションが生まれるサービスのご紹介。

っていうか、レベルが高すぎてメモも取らずに見入ってしまいました。なんだありゃ。アバターキャラを3D画面上で直接カスタム+ペイントできるとか、他のキャラと出会ったら友達になるとか、Twitterのコメントをしゃべるとか、Flickrに画面写真を投稿できるとか、なにそれ。凄すぎ。ROXIK先生? とか思ってしまいました。
面白いけどマーカーを印刷するところがハードル高いな、と思います。無理矢理ユーザがマーカを手に取る状況を作れれば最強じゃないでしょうか。使ってみたいけど圧倒的な完成度にヘコみそうなので[あとで試す]タグでもつけとくか。

メインゲスト:中村洋基さん、カイブツ木谷さん

11/26 月刊インタラ塾#5リポート

10月の#4は無念、行けなかったので久しぶりにインタラ塾に行ってきました。#6もすぐに開催されたそうですが、また行けませんでした。ちくしょう!(ジャックバウアー)

ファイブミニッツプレゼン

最初は例によって5分プレゼンです。って言ってもまた会社を出るのが遅くて、18時20分に急いで出てアップルストアに向かいました。到着したときには40分でした。というわけで一人目のプレゼンを見逃してしまいました。さらに、会場が超満員で、右端に体育座りしてやっと見れました。でもスクリーンの下半分が見えませんでした。ちくしょう!

MTLのタクオさん

見れたのはタクオさんのプレゼンからです。リクルートのDESIGN SHOWCASEやマッシュアップアワード、ワンクリックアワードなどの舞台裏?のお話でした。

ハドソンの長澤さん

クリエイターではなく、クライアント側の立場の意見。3月に決算期を迎えるため、年度末は予算を使えることが多い。でも、「こういうのどうでっか」「10%オフにします」みたいな営業ばかりで、なかなか提案まで持ってくるところが少ない。ちゃんと提案を持ってきて、何度もやりとりすれば仕事になるのに残念だ、機会損失してるよ、というお話でした。

メインゲスト

なんかまた遠い世界の人のよう。
「風とバラッド」の戸練直木氏と「ワイデン+ケネディトウキョウ」の松永有子氏。

「大手広告代理店の営業と、クリエイティブエージェンシーの営業の違いとは?」「これからの「営業」に求めらられるのはクリエイティブ能力?」「マス広告出身とウェブ広告出身のクリエイティブはどう違う?」というのが主題で、白熱トークだったんですが…

遠い世界のことのよう

大手広告代理店とか、有名タレントを起用したCMとか、ちょっとスケールがつかめませんでした。サイトを作るということなら大小は分かるんですが、CMとかは遠い世界のことのよう。

感じたこと

ブランディングとか、この企業(製品/商品)を世界に認知させたい、というイメージは広告人の考え方だなー、すごいなぁー、と思ったんですが、その広告の効果を計ること自体はどうなの?と、感じました。面白い企画、すごい企画というより、それを実施したときの効果測定について聞きたかったです。クライアントに満足いただいたとか、一般調査で大体OKとか、視聴率?やPV、クリック率や何かで効果を上げている、という実績があったら(というかそれを出すことは一人の判断じゃ無理か)キャーってなってたと思います。

どっちにしても2週間も前のことなのでちょっと記憶があいまいです。

2008/10/14 ドットフェス(.fes)リポート

行く予定はなかったんですが、運良く行けたのでちょっとだけドットフェスリポートします。
って言っても会場に着いたのが18:00だったのでほとんど終わってました。

なんとか見れたのはクリエイティブ大喜利でした。

クリエイティブ大喜利

電通の中村さん、イメソ/ノングリッドの清水さん、ペパボ社長、おぎわら遊技場、カイブツ木谷さん、イマジナティブ深澤さん。お題に対してその場で答えるのではなくて、事前に出されたお題に、作品で答えるという形式です。まぁ内容はおいといて、気になったところがいくつか。

それは、一発ネタじゃない、というところ。

ストーリーがあるんです。笑いにいたるストーリー。それは、ネタに脊髄反射した答えじゃなくて、じっくり考えて人の心を動かそうとした結果だと思いました。すっげ。

おみやげ

お土産を2点。

Adobetamin Water
Adobe+ビタミンウォーター、ということで(?)アドビタミンウォーターをもらいました。ラッキー。このためだけにでも行く価値はありました。以前、Progressionイベントに行ったときにCS3シールをもらいましたがこのときも嬉しかったです。こういうノベルティ大好きです。

1-click Award カーソル
展示を見てもないのにワンクリックアワードで使ってた巨大カーソルをもらって帰りました。全長170cm、幅約20cm。立てて持てば僕が隠れる大きさです。
写真は部屋の玄関に無造作においてあるところです。

巨大カーソルを持って帰るまで

なんせ巨大ですから、道行く人がみんな見てるわけです。
新宿から約1時間ほどかけて帰ったんですが、見る人はほぼ全員「何・・・だと・・・!」っていう顔でこっちを見ます。面白いので電車の中(もちろん満員電車)でカーソルを横においておくと、なんとそれをつんつんしたり殴ったりする人がチラホラ。なるほど。

ここでクリックとは何か、ということを考えることができました。人がカーソルを操ってターゲットをクリックするのではなく、人がカーソルをクリックしている。というシュールな(意味不明な)満員電車の1コマです。これって、クリックの意味そのものかもしれない。

「ここをクリックしたら面白いことが起きるよ!」っていうのは作り手のエゴで、本来は「これをクリックしても触っても殴っても何もおきないことは知ってる。だけど、だけど触りたい…。俺は触りたいんだ!」と思うこと。衝動にも似た欲求。それがクリックのあるべき(?)姿なんじゃないかと。

だとすれば、1-click award で求められているクリックっていうのは、そういうことだよね、と気付いたわけです。