Posts Tagged “書籍”

「買う気の法則」を読みました

広告ってそもそもなんだっけ?という内容。
「額縁広告」と書いてありますが、広告を「作品」として批評したり賞を祝ったりするのは、本筋じゃないよね、という話から始まり、広告の目的は何か? を追求していく、僕のようなマーケ素人でも面白い!! と思う1冊です。ちなみに広告の目的は、ずばり「個人消費を拡大させることと、世の中を明るくすること」。
そりゃそうだ。一部の批評家やクリエイターだけが浮き立つ作品を作ること、なんかじゃないよね。

Webマーケティングコンサルタント養成講座 を読んだ

いまさらな感じではあるんですが、Webの制作(コーダー、Flasher、プログラマ)やディレクターは、ある意味、作ることに特化した考え方を持っていると僕は思っています。
それは「ここはこうしたほうがいい」とか「ここはこうあるべき」という、コンテンツに対しての美学というか常識みたいな感覚です。
でも、それは「サイトの中」の話であって、じゃあサイトにそもそもユーザが来てくれるにはどうしたらいいのか?という話になると、「サイト内のユーザ導線」とか「SEO」とか、こりゃまた作り方を考えてしまいがちになるんですが、実際はそうじゃないのです。
検索エンジン広告を貼って、メディアにバナーを貼って、ブログでクチコミを広めて…と、そういった「サイトの外側」の作り方、というか仕組みを構築する必要が出てきます。
さらには、「何のためのサイトを作るのか」を考えた時、ターゲットを絞って、その人に向けたコンテンツを作る必要もあるし、ECサイトなら、初めて買う人にはどうすりゃいいのか、再訪してくれた人はどうしたらもっとリピートして沢山買ってくれるのか、といった、マーケティングの知識や経験、感覚が必要になってきます。
で、それをトータルで考えて実現できる人を「Webマーケティングコンサルタント」と呼びます。そういう立ち居地…まぁ広告代理店なんだけど…の人向けの教科書が本書というわけです。
たとえば「何がいい広告か」「何がいいサイト(キャンペーン)か」を判断するには、どうすればいいでしょうか。
ひとつには、沢山のユーザがサイトを訪れてくれること。または、商品が沢山売れること。あるいは、ユーザ登録やお問い合わせが沢山あること、かもしれません。そういうときに、何をもって成功とみなすかというと、バナーのクリック率だったり商品の購入率だったりといった「ユーザのアクション率」なんですね。
それをコンバージョン(CV)と呼んだりするんですが、CVを上げるため、もしくは費用対効果を上げるため、の戦略を考える人がWebマーケティングコンサルタントというわけです。
オプトというネット広告代理店のすごい人の著書なので、たぶんオプトの中の人はみんな本書を身に付けていると思います。そうなると、最低限、本書に書いてあることをマスターしないと同じ土俵で戦えないぜ、どうすんだ、という、業界的に難しいぜこれからは、という感覚にさせられます。
B2B視点やモバイル視点がないんじゃね、というレビューもありますが、そう思う人はきっと、基本を身に付けている人だと思うので、まずはこの本を何度も読んでWebマーケティングの感覚を身に付けるようにします。


Webマーケティングコンサルタント養成講座

シンプルマーケティング を読んだ

あぁ、こういうのをマーケティングっていうのか。と思いました。

これまで(つっても全然知識ないけど)は手法ひとつひとつを深堀りした本を読んでたんですが、入門書っていうのをまだ読んでなかったので。
で、本書は市場シェアの強さと意味の説明から始まり、商品の分析手法の紹介がメインです。

クープマンの市場シェア目標値

独占:73.9%
安定:41.7
影響:26.1
上位:19.3
認知:10.9
存在:6.8
というシェア値(%)があったとして、マーケットには最低6.8%ないと存在そのものがないと判断されてしまう。という話です。認知されるのは約11%、カテゴリ上位と思われるのが約20%、で、ユーザが100万人いれば独占市場を定義する目標になる。とのこと。

プロダクトコーン

規格(スペック)が土台で、その上にベネフィット、エッセンスが乗る形の円錐。
ユーザはベネフィットを求めるから、ベネフィット戦略が効果的。

ヘルシア緑茶でいえば
規格:厚労省の特定保険用食品認可をうけた、カテキンが沢山入ったお茶
ベネフィット:飲むだけで体脂肪を軽減する
エッセンス:権威

DCCM理論

差別性、優位性、説得性、市場性の4つの軸で商品に点数をつける方法。これにプロダクトコーンを合わせれば、戦略を立てる道筋が作れます。

  規格 ベネフィット エッセンス
差別性      
優位性      
説得性      
市場性      

改訂 シンプルマーケティング
改訂 シンプルマーケティング