Posts Tagged “creative”

1/28 月刊インタラ塾#7リポート

ビデオブログは最強の販促ツールだ!

ジェット☆ダイスケさん(ピーヴィー

実は、僕はジェットさんのことを知りませんでした。知らない大物の話を聞くことができるのがインタラ塾の魅力ですね。

ジェットさんはビデオキャストを3年も前から実践して成功されてた方。でも、単体での収益化は難しいと判断され、動画を使ったレビューという販促方法を展開。で、それが大成功と。ちょっとビックリするぐらい儲かったそうです。

web2.0時代のコンテンツも乱立すると効果が薄くなる

CGMを作っては広告で収益を出す、というモデルで成功できるのはホントに一握り。スタートアップしたけど頓挫するサイト多数、という戦国乱世の中、ジェットさんは「ジャパネットみたいな、インフォマーシャルとしての動画」の可能性に気付き、ブログでも紹介だけでもなく「スペックだけじゃ読み取れない、イメージしにくい使い方」を説明する場として動画を使いました。つまり、分かりにくいものこそ相性がいい、ということでしょうか。

動画編集はジェットカット

無駄な情報はすべてカットする、という手法がジェットカット。「あー」とか「えー」とか言ってる間も、パッケージを開ける動作も、大胆にカットしています。それで勢いをつけた動画は、まさにジャパネットのレベル。しゃべりの内容は編集でいくらでも面白く出来る、という動画の底力を見せ付けられました。

AR技術と名刺を組み合わせたコミュニケーションサイトについて

吉川佳一さん(ボストーク

FLARToolKitを使ったAR名刺に、アバターを追加してキャラクター同士のコミュニケーションが生まれるサービスのご紹介。

っていうか、レベルが高すぎてメモも取らずに見入ってしまいました。なんだありゃ。アバターキャラを3D画面上で直接カスタム+ペイントできるとか、他のキャラと出会ったら友達になるとか、Twitterのコメントをしゃべるとか、Flickrに画面写真を投稿できるとか、なにそれ。凄すぎ。ROXIK先生? とか思ってしまいました。
面白いけどマーカーを印刷するところがハードル高いな、と思います。無理矢理ユーザがマーカを手に取る状況を作れれば最強じゃないでしょうか。使ってみたいけど圧倒的な完成度にヘコみそうなので[あとで試す]タグでもつけとくか。

メインゲスト:中村洋基さん、カイブツ木谷さん

LOVE DISTANCE

love-distance
LOVE DISTANCE

もうキャンペーン終わっちゃったので詳しいことは割愛させていただくとして。

最初にアクセスしたときにユーザが男か女かを選択しますが、そのときに「このPCは男としてセットされました」と表示され、ブラウザを変えても男バージョンのページ(www.aru-otoko.jp/)しか見ることができなくなります。
女バージョン(www.aru-onna.jp)に直接アクセスしても、LOVE DISTANCE のトップページに強制的に戻されてしまうので、マジでどちらかしか見れません。

この手があったか!

前に書いたExSOの仕組みそのまんまだと思うんすよ。
ただ、まったく考えてなかったのが今回の使い方。ユーザの属性を固定することでコンテンツを変化させる、という方法ですよね。

(一度選択する必要はあるけど)属性を決定した後は、その属性に応じたコンテンツしか出さない…。「インターネットの自由を奪います」なんてコピーで始まるこのコンテンツですが、まさにそうですよね。でも、不自由にする必要があった。レコメンドじゃなくて導線固定。ブラウザを変えればどっちも見れる、何度でも試せる、っていう(ある意味の)常識をぶっ壊したケースだと思います。はい。

クリエイター考

ミケランジェロが「自分が像を想像するのではなく、すでに岩の中に像の形が決められており、ただ自分はそれを取り出すだけである」みたいなことを言ったのは有名なんですが(検索してみるといろんな分野でそれが言われてることに気付く)、そうなのかも。と思いました。
というのは、年末年始でボケーとMTVとかスペースシャワーTVとかを見てたとき、ミュージシャン(≒アーティスト)がいっぱい出てて、この人たちはクリエイターなのかなぁ、とぼんやり考えたわけです。
で、ランキングという制度があって、それはFlasherにはない制度です。評価がランクで付けられる…で、頂点に立つ人がいると。
そのナンバーワンは、自身のエゴやなんかを歌ってるんじゃなくて、ナンバーワンになるべくしてなったのかも。と思うに至りました。
つまり、その人が曲(=作品)を作ったのではなくて、その他大勢の凡人や、僕のようなダメ人間にもわかるように、曲のあるべき姿を翻訳してくれたんじゃないかと。
なので、「その人にしかできない超絶技巧を持った人」と、「誰もが思ってるけど言葉や形にできないものを形にできる人」があって、「注文どおりのモノを作り上げること」はクリエイターじゃなくてオペレーターなんじゃねぇのかなぁ、って、それは誰も思ってることか。
どうして俺はこんなにアホなんだろう、と考える今日このごろです。